学習期間が長い行政書士に合格するコツを伝授

しっかりと学ぶために

待機児童問題がある中、保育士を目指す人は数多くいます。その保育士になるための大学も沢山あるので、資料請求などをしながら探してみましょう。また短期大学と4年生大学があるので、自分に適したところを選択することが求められています。

合格に必要な勉強時間

勉強道具

半年から1年ぐらいが必要

行政書士とは、宮内庁への許認可に関する書類の出移出や権利義務、事実証明などあらゆる法に関する書類作成業務を行う専門家のことを指します。行政書士の資格を取ることは、決して簡単なことではありません。それなりに難易度の高い国家資格となっているので、ある程度の学習期間を必要とするのです。では、行政書士の試験に合格するには、一体どれぐらいの学習期間が必要なのでしょうか。もちろん、どの程度予備知識があるかによっても異なるので一概には言えませんし、1日にどれぐらい勉強時間を割けるかによっても大きく変わってきます。ただ、一般的に1日2時間から3時間ほど勉強すると仮定した場合、半年から1年ぐらいの学習期間が必要となります。もちろん、学生のように勉強に費やせる時間が多かったり、すでに法律の知識をある程度持っている人なら、もっと早い段階で合格できるかもしれません。また、行政書士の勉強を始める際に、独学で取り組むのか学校や通信講座を利用するのかによっても、要する学習期間は異なってくるでしょう。ただ、あくまで自分のライフスタイルに合わせて勉強することが大事なので、どれがいいかは一概には言えないのです。さて、半年から1年ぐらいの学習期間が必要な行政書士ですが、あくまでそれは目安であり1つの指標に過ぎないのです。人によっては、それ以上の期間を要することもありますし、勉強方法が間違っていては何年経っても合格できない可能性もあります。行政書士だけに限らず、資格の勉強はいかに効率的に正しく勉強するかが大事なので、時間さえかければいいというわけではないのです。効率の良い勉強方法としては、語呂合わせなどの覚えやすい方法で記されたテキストを、最低でも三回は読みましょう。二色刷りなど自分の使いやすいテキストを選ぶことがコツです。

カリキュラムで学べること

先生と子供

保育士になるには、国家資格を取得する必要があります。大学や専門学校などの保育士養成学校を卒業することで資格を得るケースが多いです。学校では学科と実習のカリキュラムを通して、保育士としての基本的な知識や実務を学びます。

幼保特例制度とは

男女

認定保育園制度の改正により、幼保連携型保育園で働くためには幼稚園教諭免許と保育士免許の両方を持つ必要があります。どちらか片方しか免許がない場合は、幼保特例制度によって両方の免許を取得することができます。大学の通信教育などで単位を取得することができます。