学習期間が長い行政書士に合格するコツを伝授

カリキュラムで学べること

先生と子供

学科と実務で幅広く学ぶ

保育士は、国家資格を必要とする仕事です。保育士資格は4年制大学や短大、専門学校などの養成学校を卒業するか、保育士の国家試験を受験することで得られます。国家試験を受ける際は、児童福祉施設等での実務経験が必要になりますし、独学での合格率は低いので、何らかの養成学校に行って取得するのが一般的です。保育士学校のカリキュラムは、学科と実習に分かれます。学科では幼児教育や保育の基礎知識はもちろんことと、社会人としての基礎知識や、国語や英語などの教科も学びます。子どもの心理学、栄養学、体育理論、音楽など、学科で学ぶことは多岐にわたります。実習では、ピアノや工作などの造形、絵本の読み聞かせなど、保育園で実際に子どもを相手に行う内容を行っていき、沐浴などの赤ちゃんをお世話する方法も学びます。また、実習は、実際に保育園や児童施設などに行って行うものも含まれます。通う学校によって学ぶ期間が2〜4年と幅があります。2年制の学校で学んで保育士になるケースが多いですが、4年制であれば臨床心理士や学校のカウンセラーなどの知識を幅広く学べる学校もあり、保育園以外で活躍できる場が広がることもあります。2年制の学校であっても、近年の幼保一体化の流れに従い、卒業時に幼稚園教諭と保育士の両方の資格が得られるカリキュラムを組んでいるところがあるので、自分の希望する進路に合ったカリキュラムを実施している学校を選ぶことが大切です。